top of page

前橋のセルフホワイトニングサロン Whitining GB

s-01_DSC0603-HDR+.jpg

Principal use

Clinic, Salon, Lounge

Year

2022.08

Location

Maebashi, Gunma, Japan

GFA

75sqm

Team

Jumpei SHIRAI, Takumi NAGAI

Sign of white in space -Relative white in design-

​​

Whiteness and dentition are the main cosmetic factor of esthetic dentistry. Dentition is only by the medical treatment, but the whiteness can be improved by daily brushings and cleaning supports. This project is a salon for a dental whitening care. 

​​

When it becomes the design of dental whiteness, it is easy to furnish the space "white". But as the whiteness of the teeth is not of the binary opposition of white and yellow tint. The mission of the project is to design "whiteness, not white".

​​

White and whiteness (how it is white) are different. When someone tries to makeup white skin by facial foundation, it does not become "the white". The color of whiteness does not intend to be absolute but relatively white in this way.

Those visiting guests will desire to become white, and it means having some concern of "non whiteness". It is truly important to feel your teeth becoming white in nature. So, the task of the design is to feel the whiteness in space. Realizing and feeling whiteness in space does not equalize to make interior "the white".

  

Entrance counter and mirror are white wood. Natural material has an accent of white with mixed color tone. Reception counter's molding finish and wallpaper are tinted white. Both tints are slightly different and those difference merge the material color of brass lighting equipment and sofa fabrics. The treatment area is also designed with same materials in entrance with white string curtain. This curtain is only "the white" feature in the space. It symbolizes "the white teeth in daily life".

These materials give the contrasts of whites to make essence of whiteness in nature.

The neutral white color temperature has chosen for all lighting equipment to save color tints. Exterior lights insert from entrance door and gently merge with interior light by shading gradation of curved wall. It is to create embraced impression for the guests to feel comfort with esthetic dental concerns.

Feeling of color is sensed wavelength of light by the eyes. Form and surface of objects reflects light and shows the color and shadow. This project is a study of sensing color in space by focusing “whiteness”.

白を空間として捉える -絶対的白でなく相対的白による空間演出-

歯の審美的判断は「歯並び」「白さ」が主な基準によるものだと思われます。歯並びは矯正歯科、白さは日常的なブラッシングやクリーニングで落ちない着色を削らずに白くする方法です。

施術行為をテーマに空間を考えると、つい「白の空間」を思い描いてしまいます。しかし歯の白と黄ばみが2色ではなくグラデーションのようにその度合いが異なることを考え、空間表現として単なる「白」ではなく「白い」デザインしたいと考えました。

「白」であることと「白い」ことは実際には異なります。例えばお化粧でファウンデーションを肌に塗り、白くなったとは言っても、「真っ白」であることを意図していません。絶対色ではなく、相対色がこのプロジェクトでの重要な着目点だと言えます。

利用するお客様は「白くしたい」、つまり「白くない」という想いがある中で訪れます。利用者にとって自身の歯が白くなり白く見えることが重要だと言えます。このプロジェクトでの「白さ」は生活環境の中で「自然に白さを感じる」ことです。白さが分かり、白いということを感じることができる空間を演することがデザインの主題です。

エントランス空間には白木の集成材を用いるようにし、自然素材のもつ白さをアクセントになるように計画しました。カウンターの左官仕上げや壁クロスの色は黄色系の白い色を起用しました。どちらも若干異なる色の系統なのですが、ソファーの色や照明機器のゴールドと調和する色を探して計画しました。施術空間はエントランスと同様の仕上げを使いつつ、「白」のストリングカーテンによってゾーニングしたデザインとなります。この白いストリングカーテンは白木やクロスの中で際立つ「白」となるように計画し、「お客様の日常生活の中で美しく自然な白として調和するホワイトニング」を象徴したデザインとなります。

こうした複数の色調の中で「白さ」の強弱を生み出すことで、「白さ」が感じられます。

内部空間の色は適切に色が判断できるよう、昼白色の照明を起用することで、光による着色を抑制しました。路面店であるため表通りからの自然光が内部の光と調和し、柔らかく連続するように壁を一部曲面としました。これは歯の色に悩みをもつお客様が入店されたとき、白さに包まれることで安心感を感じる効果を期待したデザインでもあります。

こうした「色」が物体が反射することで生まれる波長の変化を、眼球が感知して脳内で「識別/色別」されるプロセスが「白さ」を感じさせます。形・表面が光を反射させ私達に色を認識させます。このデザインは「白」を題材として空間における色の感じ方を研究したプロジェクトです。

bottom of page