top of page

​黒電話 Kurodenwa

kurodenwa-07.jpg

Principal use

Bar, Restaurant

Year

2022.06

Location

Shibuya, Japan

GFA

55sqm

Team

Jumpei SHIRAI, Takumi NAGAI

Neo nostalgic design

Remembering nostalgic designed bar/restaurant, old fashioned things are ornamented in space.  Nostalgic museum is easy inspiring, but we intended to design as a space. What gives us inspiration of "nostalgy"?

This pub can enter by calling the old Japanese Kuro-denwa (black phone). This pub is a device to experience the old Japanese gadget.

Today, we still see voice call application icon of "receiver". Some icons are exactly like a telephone set. Children without experiencing will no longer having meaning of "telephone set logo", just like a brief case logo for "file" on desktop bar. 

Colorful lighting interior gives extraordinary space experience, different to the identical streetlamp in front. The color jumps in your eyes as if you entered a travelling fair. And seeing the detail of the light, you will find out it is a collection of 4 color bouncy balls. It is designed to become random, with no same color aligned for 3 times. The logic of random can be seen by distance.

Smartphones and displays are becoming more high resolution today. 4K, 8K, 16K....even more in the future. But remember color CRT monitor? It was mass dots of three primary colors of light with screen noise. We knew the dots were the origin of information displayed on monitor. This interior design is a brand-new collection of analog billboard technology. You can find the solid unit of light in the detail of lighting equipment.

This design is to extract the experience of nostalgic light into space.

レトロの再解釈 「レトロな飲食店をデザインしてほしい」

レトロな商業空間を考えると、ついつい懐古主義的な小道具を並べようとしてしまいます。レトロ博物館のような物質的表現ではなく、空間表現として「レトロ」をデザインしたいと考えました。

ここは「受話器」を使って店員と通話することで、隠し扉を開いてもらい、入店する「アナログ体験」ができる飲食店です。

未だに、現在のスマートフォンにも受話器がアイコンとして使われているのをよく見かけます。中には黒電話のフォルムをしたアイコンを使っているものもあります。「受話器」を持ったことのない次世代にとってこのアイコンはフォルダのブリーフケースのように意味をもたなくなるでしょう。

内部空間は様々な色の光が飛び交い、街灯で明るく均一に照らされたビール坂通りとは様相が異なります。この空間をマクロ的に暈して観ると縁日のように、たくさんの色が目に飛び込んできます。鮮やかなデザインの照明をミクロ的に目を凝らして視ると4色のスーパーボールが並んでいることが分かります。同色で3個以上連続しない法則に則ったランダムデザインで、全体をじっくり見続けることでその法則を感じることができます。

現代ではスマートフォンや液晶テレビのように高画素になり、細やかな表現としてより多くの詳細情報を表示することを重要視しています。フルハイビジョンから4K、8Kそして16Kへとその歩みは留まることをしません。かつてのカラーブラウン管のテレビを思い出してみます。画面を凝視すると3原色によるドットのノイズを感じていました。黒電話はかつてのブラウン管テレビのようなアナログな光情報体験ができるデザインを目指しました。この空間の光の細部には原始的な発光装置がそのまま目に映ります。

光表現により「レトロ」を空間的に再解釈したデザインです。

bottom of page